組織診断を駆使して会社の見直しをしてみよう

電子記録債権とは何なのか

オフィス

新しい金銭債権の形

でんさいは正確には電子記録債権と呼びます。従来の手形・売掛債権にとってかわる新たな金銭債権として、2008年12月の電子記録債権法の施行に伴い開始されました。主に中小企業の資金調達において要する手間を省く目的があります。電子データの送受信で取引を行います。従来の手形では、作成や保管にコストがかかり、また紛失や盗まれるリスクもありました。しかしでんさいを用いた債権に置き換えれば、手形と同等の効力を有すデータをやり取りできますので、コストを削減できます。また記録機関が記録原簿で厳正に管理するため、紛失の心配は不要です。あるいは手形ではできない債権の分割機能も付いています。売掛債権についても多くのリスクを克服する形で電子記録債権に置き換えられます。電子データのやり取りに際して、取引の安全性が問題になります。でんさいでは安全性の確保のためのセキュリティガイドラインを作成しています。金融庁の示す指針に、金融機関は金融情報システムセンターの「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」に準拠する程度のセキュリティ体制を築くことを求めるとあります。この基準自体、時代の変化に合わせて改訂を重ねており、現在でも安全対策の基本となっています。でんさいのガイドラインはこの基準に準拠しており、その安全性はほかの金融機関に引けを取りません。すなわち、とても安全性が高いということです。でんさいは日本国居住かつ、一定の要件を満たす法人か個人事業主の方が利用対象です。金融取引の効率性、安全性を高められるシステムといえます。