組織診断を駆使して会社の見直しをしてみよう

組織を客観的に見るには

ミーティング

診断する仕組み

会社や団体などの組織は複数の人が働くことで大きな力を生み出し事業を進め、それらによって利益を得ることができるものです。これらは組織であることで成り立っており、組織体制の良し悪しが事業を達成できるかどうか、またそれによって得られる利益に差が生まれます。組織は時代とともに求められるニーズが変わってきますし、また巨大化しても組織が歪化してくる可能性があります。そのような時に組織を客観的に見るために行われるのが組織診断です。組織診断での測定としては、組織活力と環境適合の2種類があり、組織活力では組織全体を把握するというものです。組織診断ではその風土や、人間関係、会社としての評価、職務遂行力、組織構造などを診断して組織の状態を確認することができます。特に組織構造は組織が巨大化すると、入り組んだ状態となるため、組織の状態を見るためにも組織診断は重要です。組織活力はあくまでも組織の内面的なものを知るためのもので、組織の環境適合も重要です。環境適合は、組織が外部の環境に適しているかを調べるものです。環境適合では組織の人間の行動タイプを分析するなどして判断します。いずれにしても会社診断で問題がある場合には、現状は問題がなくても将来のリスク要因になります。また組織診断はあくまでも客観的に組織の状態を診断したものですから、組織診断を行ったあとは問題点がある場合には、その問題点の改善を目指す必要があります。

パソコンを操作する男性

商品管理を容易にする手法

美容関連の商品を販売するビジネスでは在庫管理の重要性が増しています。これは販売方法の多様化に伴い、より適切な在庫管理が必要とされている為です。在庫管理は顧客情報や発注のタイミングとも深い係わり合いがあるので、システムを導入して適切な状態を維持することが欠かせません。

笑顔の女性

最新の社内情報共有ツール

社内SNSは、インターネットを利用したコミュニケーション手段であるSNSを、特定の企業等の中においてのみ使用できるようにしたツールです。一般のSNSを転用するより情報漏えいのリスクが低く、オンとオフをしっかり区別できるという利点があります。